Cofee Areaでコーヒーについて学ぼう

コーヒーに備わった無数の健康効果

コーヒーには様々な健康効果があり、飲むと眠気がさめるという事は知られていますが、他にも二日酔い対策になったり、ダイエットを行う時にも効果が上がり、老化予防や動脈硬化の予防等、多くのメリットがあります。
精神が安定する働きがあったり、香りをかぐ事によって脳への血流が増して活性化させる事も出来ますし、集中したい時に一杯飲むというのも良い事です。
二日酔いの時に頭痛症状が起こる方が多いですが、こうした頭痛を和らげる為にも有効であり、肝臓の機能をサポートする効果も高いですから解毒作用も高く、血行を促進させて代謝力をアップさせたり、老廃物を体外に出す等の効果が認められています。
砂糖入りのものを大量に飲む事は避けて、適度な量を毎日飲むと良いですし、健康に効果的と言っても程々に調整する事は必要ですから、飲み過ぎには注意です。
ダイエットの時には運動前に一杯飲んでおくと脂肪の燃焼効率が上がりますから、少ない時間でもより多くの脂肪を燃やす事が出来ますし、コーヒーの残りかすには油汚れを落とす効果まであります、食器類等に頑固な油汚れがある場合は上手く活用して汚れを落とし、長時間こすってしまうと色素沈着が起こりますから、水につけてさっと汚れを落とす事が望ましいです。

深い歴史を持つコーヒー

コーヒーというのはご存知のとおり、コーヒー豆を焙煎し粉末にしたものをお湯で抽出した飲み物です。
それがいつごろから利用されていたのかははっきりとはわかっていませんが、有史以前から利用されていたのではないかと考えられています。
当時は、主に種子ではなく、甘く食べられる果肉が食用として利用されていたのではないかとされており、その際に種子の効用を発見したのではないかと考えられています。
現在のように焙煎した豆から抽出したものが登場したのは13世紀以降だと考えられています。
はじめは一部の修道士のみが用いる宗教的な秘薬として、生の葉や豆を煮出したものが使われていましたが、焙煎することで嗜好品としての特徴を持ち、一般民衆へと広がっていきました。
しかし、その当時はまだ宗教的な色合いが強く、一般民衆の飲用は認められていませんでした。
それが正式に認められたのは1454年のことで、それによって中東からエジプトまでの広い範囲に知られるようになりました。
そして、現在では世界中で愛飲されており、様々な抽出方法、多様な飲み方が存在しています。
コーヒーポリフェノールなどの健康成分にも注目され、いまや世界を代表する嗜好品となっています。

注目サイト

ベビー服や生活雑貨などフェアトレードを通じて途上国支援をする通販サイトです

オーガニックコットン

国内産エナジードリンクメーカーのサイト

エナジードリンク

オーダーメイドのオリジナル挙式をトータルプロデュース!

ハワイウェディングのプラン

2017/10/13 更新