Cofee Areaでコーヒーについて学ぼう

コーヒーがもたらす効果について

コーヒーは、幅広い世代から支持されている飲み物です。
嗜好品の代表として認識されており、さまざまなシーンで飲用されています。
最も多いのは、食後のデザートとともに飲むことです。
これは、食事の締め括りとして大事な要素となっています。
なぜなら、味や香りとともに、今終えたばかりの食事を思い起こし、満喫する時間として最適だからです。
また、仕事の合間に飲むこともありますが、これは心身をリフレッシュする効果をもたらします。
コーヒーを飲むことによって、頭がすっきりしますので、さらに意欲的に仕事に取り組むことができるようになります。
尚、コーヒーには砂糖やクリームを入れる習慣があります。
何も入れないブラックならば、カロリーを押さえることができますのでダイエットに最適です。
また、仕事や勉強で疲れている時は、砂糖を多めに入れれば脳の疲労回復に効果的ですし、クリームをたっぷり入れたなら、まろやかな風味を堪能できます。

コーヒーの意外な健康促進効果とは

珈琲にはさまざまな効果があります。
まず、「リラックス効果」です。
珈琲の香りをかぐ事で脳内にアルファ派が生じ、リラックスできるという検証結果が報告されています。
ほかには、「肝臓に良い」ことです。
一日に1杯以上珈琲を飲んでいる人は、そうでない人と比べて”肝硬変”発症のリスクが20%も低下するという報告がされています。
さらに、コーヒーを飲むと「二日酔い防止」にも役立つということもわかっています。
これは、二日酔いという症状はアセトアルデヒドという物質が原因で起こることですが、コーヒーを飲むと利尿作用があるため、尿とともにアセトアルデヒドを体外に排出することができ、アセトアルデヒドによる血管拡張を、カフェインにより収縮します。
その結果、二日酔いになりにくくなるということがわかっています。
さらに、アルコールの過剰摂取の影響で肝硬変になる確率が高くなるので、コーヒーを飲むことで肝硬変も二日酔いも防止できるということがわかっています。

Favorite

最終更新日:2017/3/2